ver0.6.5 Markdownに関して

ショートコード内で Markdown が解釈されるように変更

概要

Markdown を活用する際に、JetPack (および JP Markdown) は、ショートコード内のコンテンツを解釈しません。

KANSOテーマでは、「ショートコード内のマークダウンを解釈する」をデフォルト設定としました。
※ 解釈させたくない場合は、[設定] > [KANSO設定] から設定してください。

具体例

通常のJetPackのMarkdownの動作は、

[uk-gird]
![](image url)
===
### Title
ここに説明
[/uk-gird]

とかいた場合、自動的に

<div uk-grid>
  <div>
    ![](image url)
  </div>
  <div>
    ### Title
    ここに説明
  </div>
</div>

となり、Markdown が解釈されず、そのまま出てしまいます。

KANSOでは、上記が

<div uk-grid>
  <div>
    <img srx="image url">
  </div>
  <div>
    <h3>Title</h3>
    <p>ここに説明</p>
  </div>
</div>

と変換されます。

追伸

KANSOテーマを活用できるようになるワークショップの設計、撮影会に合わせて、矢継ぎ早に機能を改善しています。今しばらく、改善が続くかもしれません。



コメントを残す